So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

イチゴもパクパクいただきます [特亜]

イチゴ品種 韓国に流出 損失5年で220億円 農水省試算(日本農業新聞)
 イチゴ品種が韓国に流出したことで、日本の輸出機会が奪われ、5年間で最大220億円の損失があったとの試算を農水省がまとめた。品種流出の影響が少なくないことが改めて浮き彫りになった格好で、同省は、海外での品種登録の必要性を訴えている。

進まぬ海外登録 課題

 農水省によると、韓国のイチゴ栽培面積の9割以上が日本の品種を基に開発した品種。栃木県の「とちおとめ」や農家が開発した「レッドパール」「章姫」などが無断持ち出しなどで韓国に流出し、韓国はそれらを交配させて「雪香(ソルヒャン)」「梅香(メヒャン)」「錦香(クムヒャン)」という品種を開発した。アジア各国への輸出も盛んで、日本を上回る。

 農水省は、日本の品種が流出していなければ韓国の品種も開発されず輸出もできないと想定。日本が輸出できるはずのものが韓国産に置き換わったとして損失額を試算した。韓国の輸出額から推計して、日本の損失額は5年間で最大220億円だったとした。昨年1年間の日本産イチゴの輸出額は11億円のため、5年間に換算するとこの約4倍に当たる。

 品種登録できていれば品種開発者が得られていたロイヤリティー(許諾料)は年間16億円だったと推計した。韓国には品種登録制度はあるが2012年までイチゴは保護対象になっておらず、流出前に日本側が品種登録できなかった。品種登録していれば、栽培の差し止めや農産物の廃棄を求めることができるが、登録していないため、こうした対抗策が取れない。

 国際ルールでは、植物新品種は販売開始後4年までしか品種登録を申請できず、速やかな出願が重要になっている。だが、育成者が申請料や手続きに負担を感じていることが課題になっている。

育成者のせいにしているけど、農水省の怠慢でしょ。
彼らは生産に専念しているから、脇が甘いのよ。 参照
そういうところを補うのが官僚さまのお仕事でしょ。
もっとも、祖国愛の強い官僚さんたちだから、見て見ぬふりとか?

南朝鮮人ってイチゴが好きなんですって。そりゃあ、日本の技術を朴ったんだから美味しいはずよね。
東南アジアに輸出していて大人気なんですって。
私も好きな果物で、みかんと一二を争うのよ。嫌だわ(笑)。

しかし、南朝鮮はシナと本当に良く似ているわ。
日本のモノを自国のモノにしてしまうところ。
シナなんて日本からのODA(今でも形を変えて)で得たお金を他国の支援にまわしてるし。
新幹線においては日本の技術をシナの技術として特許出願までしているし。

まあ、日本の中枢がシナの犬(成りすまし)だらけなら、どの分野においても日本の技術は流出するのみ。
一流企業が相次いで外国企業(特亜)の傘下になるのも、犬たちの功績でしょ。

宮内庁は外務省の外局と化して久しい。国連(連合国/GHQ)の息のかかったね。
だからもう皇室は・・・。日本なんて日本人のものではないのよね。
鳩ぽっぽのあの発言はある意味正しい。


<関連記事>
日韓国交断絶へ⑥
「いらないもの」④
国賊ハトヤマでございます③
シナの犬
似た者同士②
極悪三国
最強のカップル誕生
エンドレス・だめだコリア
なんだコレ!? なんだコリア!?
ブルキナファソ&ワールドユース’99 &中国たかり屋


「官僚は犯罪者」は世界の常識

「官僚は犯罪者」は世界の常識

  • 作者: 高山 正之
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2010/10/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

ミーハー道② [音楽]

一昨日のBS朝日『日本の名曲 人生、歌がある』では、郷ひろみ特集がありました。
トシちゃんもサブMCで出演。二人の並びはあまり見たことなかったから嬉しかった。
以前、トシちゃん特集の時も見たのよね。布施明さんの『さらば・・・夏』は感動した。
トシちゃん自身も驚いたみたい。ああ、本人のもいいよ。そう、別の歌って感じかな。

さて、今回、ヒロミの数々の名曲を聴いていて、ああ、ヒロミの独特の声がいいんだなあ、と思った。
私って、声の好き嫌いもあるのよ(笑)。上手い下手関係なくね。

そんなわがままオバサンも今年の8月1日にミーハー道入門45周年を迎えます。
郷ひろみがデビューした翌年、昭和48年(1973年)の2月に、『愛への出発(スタート)』のラジオ・ランキングをノートに書き出しました。
それをきっかけに、毎週、好きな歌謡曲ランキングを始めたのでした。
タイトルや曲数は時代と共に変わりました。
今回は、その第1回目と最終回のランキングをお届けします。

昭和48年(1973年)4月7日
<歌謡曲 ヒット・ソング>

 1位 愛への出発(スタート)/郷ひろみ
 2位 若葉のささやき/天地真理
 3位 オレンジの雨/野口五郎
 4位 妖精の詩/アグネス・チャン
 5位 赤い風船/浅田美代子


昭和61年(1986年)12月27日
<歌謡曲 BEST18>

 1位 最後のHoly Night /杉山清貴
 2位 バラードのように眠れ/少年隊
 3位 明日行きの列車/小野健児
 4位 好きさ/安全地帯
 5位 BELIEVE/渡辺美里
 6位 MAY/斉藤由貴
 7位 木枯しに抱かれて/小泉今日子
 8位 モノクローム・ヴィーナス/池田聡
 9位 恋する時間/Reimy
10位 NANA/チェッカーズ
11位 WAKU WAKUさせて/中山美穂
12位 DEJA VU/菊池桃子
13位 やまねこ/中島みゆき
14位 紳士同盟/薬師丸ひろ子
15位 六本木純情派/荻野目洋子
16位 二十三夜/堺正章
17位 Fin/中森明菜
18位 あッ /田原俊彦


<関連記事>
ミーハー道
GO!GO!55!懐メロもあるよ!
勝手に歌謡ランキング in 如月
この秋・・・
ようこそMステへ (1987~1990)
ようこそMステへ (1991~1995)
梅雨だ!懐かしのメロディーだ!
懐メロでちょっと一息 in 師走
七夕に聴きたいメロディー
こどもの日には懐かしのアイドルで!
冬に聴きたい懐かしのメロディー
たそがれマイ・ブログ  
青春の歌謡曲1979
夏だ!懐かしのメロディーだ!
懐かしのアイドル~キャンディーズ
懐かしのメロディー♪歌謡曲編

時代劇を楽しむ [エンタメ]

田村正和×眠狂四郎が帰ってきた!(フジテレビ)
田村正和、70代で再び眠狂四郎役!「この歳でもこのくらいできる」(シネマトゥデイ)

「見どころは、この歳でもこのくらいできるところかな(笑)。半分オリジナルだけど今日の世界に生きる狂四郎に光がさして最後には大きな対決が待っている。素晴らしい映像と共にお届けできると思います。時代劇はお年寄りにはたまらないと思うだけど、今作は若い人にも見てほしいね」


nemurikyoshiro.jpg

懐かしいなあ。でも、あの頃の記憶には艶っぽい部分が抜けているのよね(笑)。
物語よりも円月殺法がカッコイイ、着流しがカッコイイ、そんなミーハーな気持ちで見ていたのかしら・・・。
今から楽しみだわ。

そうそう、正和さんの『若さま侍捕物帳』もおすすめです。昨年、見たばかり。
ニヒルなイメージとは違うチャキチャキの江戸っ子を演じてます。
よく走り回るんです。でも最後はカッコイイ殺陣を披露するの。
庶民的な時代劇もまた気楽に鑑賞できていいですね。

これも昨年だけど、参勤交代を題材にした『一路』もよかった。ドラマに先だって放送された、作家の浅田氏が女優さんたちと小説の世界(中山道)を歩くという番組も面白かった。風情のある街並みに感動。
玉ちゃんのでは『桜ほうさら』も楽しめた。

ところで、こーじさん、そろそろ侍姿を見たいなあ・・・。着物に刀・・・ちょっと足首(笑)。


<「サムライ・シネマ」より再掲>
  ↓ ↓ ↓
スクリーンで観た時代劇映画といえば、お祭りで上映された勝新太郎の『座頭市』くらいかな(笑)。
往年の時代劇スターは、TVで放映された映画で知ったような気がする。

覚えているところでは、古くは市川雷蔵、後にドラマで田村正和が演じた『眠狂四郎』 は好きだった。
裃・袴姿もいいけど、着流しは色気があって素敵。着物の裾からチラッと見える細い足首がいい(笑)。
着流しは細身でないと似合わないような気がする。
現在、着流しが似合う俳優といえば田村兄弟以外なら、仕事人・京本政樹かな。
彼は殺陣が妖艶。時代劇は動きが重要ですから。因みに、内海光司の殺陣は流麗よ(笑)。

他に、近衛十四郎と品川隆二の『素浪人 月影兵庫』は面白かった。
大川橋蔵の『銭形平次』も舟木一夫の主題歌と共によかった。
女性陣では、松山容子と大信田礼子の『旅がらすくれないお仙』。やっぱり珍道中ものは面白い。

あら、ほとんどドラマだわ。それに、サムライが主役じゃないのもあるし(笑)。



昨今、衰退していると言われている時代劇を盛り上げるには・・・。
  ↓ ↓ ↓
中井貴一「ダメになる」時代劇が衰退する現代に警鐘(日刊スポーツ)
中井貴一、コンプライアンス問題の背景に視聴者目線(日刊スポーツ)


<関連記事>
サムライ・シネマ
夏ドラマウォッチング
塚原卜伝 、見参!
徳川家定に学べ
大河ドラマ50

LINEは踊る② [特亜]

天皇陛下の譲位(生前退位)を可能にする特例法案が閣議決定しました。
与党と複数の野党が賛成しているので、今国会で成立する見通しだそうです。
政府の動きが活発になってきましたね(棒)。

今度は、韓国企業のLINEを使うサービスを開始するそうですよ、政府が。
LINEは、韓国ネット企業の日本法人で「日本で企画され、日本で作られた『純国産』である」
と言われてもね。
私って疑り深い性分なの(笑)。

日本国民の皆さん。来年で平成は終わります。
年号が変わるだけ、なんて思わないでくださいね。日本の、否、日本人の危機なんです。
陰謀論なんていってる場合じゃないんですよ。すべては繋がっているんです。あの半島に。

LINEが後場一段高、政府のオンライン行政サービスと連携と報じられる(株経ONLINE)
 LINE<3938.T>が後場一段高。この日午後の日本テレビ系ニュースで、政府のオンライン行政サービスと連携することがわかったと報じられており、これを好材料視した買いが入っているようだ。

 報道によると、9月にも政府がスタートさせるオンライン行政サービス「マイナポータル」と連携し、LINEの画面からマイナンバーカードを使って一部の行政手続きなどができるようになるという。また、将来的にはLINEを通じて税金の支払いや保育所の入所申し込みなどもできるようになると報じている。
日テレNEWS


<関連記事>
LINEは踊る
LINEは踊る、ハケンもカジノも踊る
日本は中韓で出来ている①
韓国へのおもてなし
都知事選は人気投票なの?③
魔法をかけられて② 
安倍総理、「国賊」入りを選びますか?(追記あり)
続・国売りたもうことなかれ

天平の美少年 [耽美]

残された「天平の美少年」阿修羅像を守るには(産経新聞)
 阿修羅像は不思議な像で、本来はインド神話で戦いの神とされ、赤い憤怒の表情で作られることが多い。ところがこの像は10代半ばの少年、しかも泣いているのか怒っているのか、なんともいえない愁いを含んだ表情をしている。
 顔も正面と左右に計3つあって、それぞれ年齢が違ってみえるのも謎の一つだ。その点でも、世界に二つとない芸術作品ともいえるが、像の謎を読み解く新たな説がおもしろい。
 カギは亡き母の一周忌に西金堂の建立を発願、中に収める仏像も作らせたと考えられる人物、光明皇后である。藤原氏の出身で、皇族以外で初めて皇后になった人だ。妻として母として女性として、その喜びも悲しみも人一倍大きな生涯だったろう。

4年前、興福寺に行った時、阿修羅像の前で見入ってしまいました。
顔の表情も魅力的ですが、すらっとした体型が・・・好みです(笑)。
光明皇后との関わりは、以前、NHKの『阿修羅 1300年の新事実』で取り上げられていました。
阿弥陀如来像を中心に八部衆も含めた曼荼羅図の並びは圧巻でした。

この記事の2日前に奈良県観光キャンペーンのPRが載っていました。一部抜粋します。
   ↓ ↓ ↓
 阿修羅はひとりぼっちではない。8人でチームを組んでいる。これを八部衆という。阿修羅だけではなく、八部衆には少年のような仏像が多い。
  
  西金堂の仏像が造られた頃、その息子が生きていれば6歳になっている。沙羯羅には6歳になった息子の姿が投影されているのではないか。そして光明皇后は、五部浄に11歳くらいの、阿修羅には10代後半まで成長した息子の姿を見ていたのではないだろうか。

 元気いっぱい幸せいっぱいの人が、仏像を造らせたりはしない。どの仏像の背後にも、それを造らせた人の苦しみや悲しみがある。大仏は聖武天皇の苦しみが、阿修羅は光明皇后の悲しみが生み出した仏像である。

 興福寺のすごさは、過去に7度も焼けているという事実である。その都度、仏像は運び出され助かった。八部衆に関していえば、いずれも「脱活乾漆(だっかつかんしつ)造」という製法で、漆を使って造形する乾漆像である。中は空洞で、1体わずか15キログラム程度という軽さが幸いしたことは想像に難くない。
 見るたびに想像するのは、火災のさなか、この仏たちを担いで逃げたであろう無数の人々の姿だ。単なる美術品ではなく、信仰の対象だったからこそ守られた、そのことに改めて思い至るのである。

縄文時代から続く「漆」の文化はもちろん、先人たちの思いも引き継いで守っていかないといけませんね。
それが現代に生きる我々の役目でしょう。
ああ、でも・・・日本の存続が危ぶまれている今、我々にできることといったら・・・(悲)。

 お堂を出るときに良い匂いがする箱を見つけた。中には黄色の小さな包みがたくさん入っていて「にほひ袋」とある。再建中の中金堂の余材を刻み、香料を配合して作った、とあった。

4年前は、「興福寺南円堂 創建1200年記念 心願成就」の根付けでした。
2018年に完成予定の中金堂、楽しみですね。・・・日本人の国が存在していますように・・・。


asyura.jpg


ミーハー道 [エンタメ]

チヨダノモリから流れ出た闇に日本列島はすっぽりと覆われてしまったみたい。
皇室(=日本)が崩壊するのが先か、全国民が覚醒するのが先か・・・難しい問題ね(溜息)。
そんな暮らしの中でも枯れることのないミーハーな気持ち・・・尊い(笑)。

今年の8月1日は郷ひろみのデビュー45周年です。
同時に私のミーハー道入門45周年になります(笑)。
このところ、TVでお顔を拝見する機会が多く、元気な姿に感激しています。
トークを聞いていて、向上心があり、努力家で、負けず嫌い・・・あれ?真央ちゃんだ、と思ったの。
好きになるタイプって似てるのかしら・・・うーん(笑)。
でも、私がずっとこの道で彼らに求めてきたものは、板の下での話題ではなく板の上での活躍です。
プライベートは謎がいい(笑)。

実は、私にはプレミーハーなるものがありました。
GSも守備範囲でしたので同時代のアイドルといえば、フォーリーブスです。
この間、「あのスターにもう一度逢いたい」という番組で特集をしていました。
懐かしかったなあ。私は今は亡きター坊が好きでした。あの歌声は素晴らしかった。
MGMからの非売品「Don't Let The Sun Catch You Crying」をCDで出してほしい。
トシ坊はマグマ大使のマモルのイメージが強かったな。
解散後、24年たって再結成。ター坊が一番解散を惜しみ、再結成を望んでいたとか。
再結成の為、コーちゃんは53歳でバック転を練習していたって。すごいよ。
再結成コンサートの映像が流れたけど、ファンは嬉しかったでしょうね。

彼らは良い曲が多かったしハーモニーが美しかった。ダンスも含めて魅せるグループだった。
いまは後輩が歌い繋いでいるから知っている曲も多いと思う。
では、私は・・・初期の「壁のむこうに」(「オリビアの調べ」のB面)と「愛と死」を特におすすめします。

当時、フォーリーブスが出演していた音楽バラエティがあった記憶が。ヒロミもいたかな。
内容は覚えてないけどテーマ曲はちょっとだけ。 ♪ ボクだけの友達だよ マイプラチナ・・・♪
そうです。万年筆のプラチナの提供番組でした。
はっきりと覚えているのはTV東京の『歌え!ヤンヤン!』です。
弟分のヒロミもデビュー前から出てたと思う・・・。
フォーリーブスの皆に可愛がられていたという記憶はあるの(笑)。
当時はビデオデッキがなかったから、映像はおぼろげ。
テレ東はそれ以降、Jのレギュラー番組が続いたから、Jのお宝映像がいっぱい~な局よね(笑)。
蔵出ししてほしいわ。

そして、私はヒロミで完全にミーハーとなったのでした(笑)。

ヒロミの代表曲『よろしく哀愁』に、「会えない時間が 愛育てるのさ」 という歌詞があります。
この頃、こーじさんはこの歌詞を実行しているのかしら、と思えてならないのです。
だって、ファンと会う機会を控えているでしょ。
個人での30周年イベントのご予定は?財布の紐は緩めたままなのに・・・(笑)。

ミーハー道は今日も続く・・・。

ようこそMステへ (1991~1995)

1987年8月19日に光GENJIはデビューし、1995年9月3日に解散しました。
メンバー7人は今年、光GENJIでデビュー30周年を迎えます。
彼らが活躍した8年間、レギュラーも務めたことがあるMステには233回出演しました。
そのMステで披露した全楽曲を備忘録として一覧にしました。
Mステ公式サイトのデータを基にまとめましたが、100%正確ではないことをご了承ください。

1991/01/11 太陽がくれた季節
1991/01/18 地球をさがして→笑ってよ
1991/01/25 愛と青春の出発→笑ってよ
1991/02/01 風の中の少年
1991/02/08 風の中の少年
1991/02/15 風の中の少年
1991/02/22 風の中の少年
1991/03/01 風の中の少年
1991/03/08 時のかけら→Graduation
1991/03/15(with SMAP) Funky Flash→風の中の少年
1991/03/22 パラダイス銀河→風の中の少年
1991/04/12 奇跡の女神
1991/04/19 奇跡の女神
1991/04/26 YO!SWEETNESS→奇跡の女神
1991/05/03 奇跡の女神
1991/05/10 MEGAMI-YO→奇跡の女神
1991/05/24 ファンタジェンの英雄→DANCE MIX
1991/05/31 奇跡の女神
1991/06/07(with TOKIO) DANCE MIX→真夏の夜の夢
1991/06/21 南風にのせて
1991/07/05 本気さBaby→真夏の夜の夢
1991/07/12 女神よ
1991/07/26 南風にのせて
1991/08/02 ドキドキ Summer Days
1991/08/09 Diamond ハリケーン→二人の夜明け→太陽がいっぱい→熱帯夜
1991/08/16 WINNING RUN
1991/08/30 WINNING RUN
1991/09/06 WINNING RUN
1991/09/13 WINNING RUN
1991/09/20 WINNING RUN
1991/10/11 Runner
1991/10/18 豹になれ
1991/10/25 LOVE→WINNING RUN
1991/11/01 GROWING UP
1991/11/08 GROWING UP
1991/11/22 GROWING UP
1991/12/06 GROWING UP
1991/12/13 GROWING UP
1991/12/20 Merry-go round→イヴの夜からはじめよう
1991/12/27 風の中の少年→奇跡の女神→WINNING RUN→GROWING UP
1992/01/10 真夏の夜の夢→KICK THE EARTH
1992/01/17 NOW THAT WE FOUND UP→GRWING UP
1992/01/24 若さのゆくえ→NEW!青春にはまだ早い
1992/01/31 POLE POSITION→GRWING UP
1992/02/07 TAKE OFF
1992/02/14 TAKE OFF
1992/02/21 TAKE OFF
1992/02/28 TAKE OFF
1992/03/06 TAKE OFF
1992/03/13 TAKE OFF
1992/03/20 TAKE OFF
1992/04/10 ガラスの十代→STAR LIGHT→パラダイス銀河→リラの咲くころバルセロナへ
1992/04/24 リラの咲くころバルセロナへ
1992/05/01 リラの咲くころバルセロナへ
1992/05/15 リラの咲くころバルセロナへ
1992/05/22 リラの咲くころバルセロナへ
1992/05/29 リラの咲くころバルセロナへ
1992/06/12 リラの咲くころバルセロナへ
1992/06/19 リラの咲くころバルセロナへ
1992/07/03 リラの咲くころバルセロナへ
1992/07/10 リラの咲くころバルセロナへ
1992/07/17 リラの咲くころバルセロナへ
1992/07/24 リラの咲くころバルセロナへ
1992/08/07 リラの咲くころバルセロナへ
1992/08/14 Meet Me
1992/08/28 Meet Me
1992/09/04 Meet Me
1992/09/11 Meet Me
1992/09/18 Meet Me
1992/10/09 ガラスの十代→リラの咲くころバルセロナへ
1992/10/23 愛してもいいですか
1992/11/13 愛してもいいですか
1992/12/04 愛してもいいですか
1992/12/18 リラの咲くころバルセロナへ
1993/01/08 愛してもいいですか
1993/01/15 愛してもいいですか
1993/02/12 君とすばやくSLOWLY
1993/03/05 君とすばやくSLOWLY
1993/05/14 勇気100%
1993/06/18 勇気100%
1993/07/23 BOYS in August
1993/08/06 BOYS in August
1993/08/27 BOYS in August→STAR LIGHT→ガラスの十代→パラダイス銀河→荒野のメガロポリス
          →リラの咲くころバルセロナへ→Meet Me→WININNG RUN
1993/09/03 BOYS in August
1993/09/17 傷ついた世代
1993/10/22 この秋・・・ひとりじゃない
1993/10/29 この秋・・・ひとりじゃない
1993/12/17 BRAVO!Nippon
1994/01/21 BRAVO!Nippon
1994/02/25 BRAVO!Nippon
1994/03/04 BRAVO!Nippon
1994/04/29 ヨーソロー!未来へよろしく
1994/05/06 ヨーソロー!未来へよろしく
1994/07/08 TRY TO REMEMBER
1994/07/22 TRY TO REMEMBER
1994/07/29 TRY TO REMEMBER
1994/08/05 TRY TO REMEMBER
1994/08/19 TRY TO REMEMBER
1994/08/26 STAR LIGHT→TRY TO REMEMBER
1994/10/21 Melody Five(光GENJI SUPER 5)
1995/09/01 光GENJIメドレー(光GENJI SUPER 5)


<関連記事>
ようこそMステへ (1987~1990)
Mステ
30年・・・

ようこそMステへ (1987~1990)

1987年8月19日に光GENJIはデビューし、1995年9月3日に解散しました。
メンバー7人は今年、光GENJIでデビュー30周年を迎えます。
彼らが活躍した8年間、レギュラーも務めたことがあるMステには233回出演しました。
そのMステで披露した全楽曲を備忘録として一覧にしました。
Mステ公式サイトのデータを基にまとめましたが、100%正確ではないことをご了承ください。

1987/08/07 STAR LIGHT
1987/08/21 STAR LIGHT
1987/09/04 STAR LIGHT
1987/11/27 ガラスの十代
1987/12/18 ガラスの十代
1988/01/22 ガラスの十代
1988/01/29 RAINY GIRL→ガラスの十代
1988/02/12 BAD BOY→ガラスの十代
1988/02/19 ガラスの十代
1988/02/26 THE WINDY→ガラスの十代
1988/03/04 ガラスの十代→パラダイス銀河
1988/03/11 パラダイス銀河
1988/03/18 パラダイス銀河→Graduation
1988/03/25 パラダイス銀河
1988/04/08 パラダイス銀河→ひとりぼっちのバースデー→ジュリエットへの手紙→ザ・青春セイリング
           →パラダイス銀河
1988/04/15 パラダイス銀河
1988/04/29 パラダイス銀河
1988/05/06 パラダイス銀河
1988/05/13 パラダイス銀河
1988/05/20 パラダイス銀河
1988/05/27 パラダイス銀河
1988/06/03 パラダイス銀河
1988/06/10 パラダイス銀河→Diamond ハリケーン
1988/06/17 Diamond ハリケーン
1988/06/24 Diamond ハリケーン
1988/07/08 Diamond ハリケーン
1988/07/15 Diamond ハリケーン
1988/07/22 Diamond ハリケーン
1988/07/29 Diamond ハリケーン
1988/08/05 Diamond ハリケーン
1988/08/12 Diamond ハリケーン
1988/08/19 Diamond ハリケーン
1988/08/26 Diamond ハリケーン
1988/09/02 Diamond ハリケーン
1988/09/09 Diamond ハリケーン
1988/09/16 Diamond ハリケーン
1988/09/23 剣の舞
1988/10/07 剣の舞
1988/10/14 剣の舞
1988/10/21 剣の舞
1988/10/28 剣の舞
1988/11/04 剣の舞
1988/11/11 剣の舞
1988/11/18 剣の舞
1988/11/25 剣の舞
1988/12/02 剣の舞
1988/12/09 剣の舞
1988/12/16 剣の舞
1988/12/23 いつかきっと→剣の舞
1988/12/30 剣の舞
1989/01/13 剣の舞
1989/01/20 剣の舞
1989/01/27 青春にはまだ早い~翼~→いつかきっと→剣の舞
1989/02/03 青春にはまだ早い→パラダイス銀河
1989/02/10 青春にはまだ早い→あ・き・す・と・ぜ・ね・こ
1989/02/17 NEW!青春にはまだ早い
1989/02/24 特別企画 昭和のポップス史~歴代アイドル総出演~ メドレー
1989/03/03 NEW!青春にはまだ早い→地球をさがして
1989/03/10 地球をさがして
1989/03/17 地球をさがして
1989/03/24 地球をさがして
1989/03/31 地球をさがして
1989/04/14 地球をさがして
1989/04/21 地球をさがして
1989/04/28 地球をさがして
1989/05/05 地球をさがして
1989/05/12 地球をさがして
1989/05/26 地球をさがして
1989/06/02 クリスタル・ユニヴァース→出逢い→地球をさがして
1989/06/09 セレナーデの時間→青春にはまだ早い→MOMOKO→青春にはまだ早い
1989/06/16 ファンキー・ランド→地球をさがして
1989/06/23 悲しきハイスクール→青春にはまだ早い
1989/07/07 太陽がいっぱい
1989/07/14 太陽がいっぱい
1989/07/28 太陽がいっぱい
1989/08/11 太陽がいっぱい
1989/08/18 太陽がいっぱい
1989/08/25 太陽がいっぱい
1989/09/01 太陽がいっぱい
1989/09/08 時をこえたフェスティバル
1989/09/15 太陽がいっぱい
1989/09/22 Sha・La・La
1989/09/29 時をこえたフェスティバル
1989/10/20 太陽がいっぱい
1989/10/27 時をこえたフェスティバル
1989/11/03 時をこえたフェスティバル
1989/11/10 太陽がいっぱい
1989/11/17 太陽がいっぱい
1989/11/24 Sha・La・La
1989/12/01 二人だけの旅→最後のGood Night
1989/12/08 太陽がいっぱい
1989/12/15(&近藤真彦) あぁ、グッと→ギンギラギンにさりげなく
1989/12/22 赤鼻のトナカイ→ガラスの十代→地球をさがして→エナジーは止まらない→太陽がいっぱい
1989/12/29 スペシャルメドレー
1990/01/12 春一番
1990/01/19 PUNK
1990/01/26 荒野のメガリポリス
1990/02/02 荒野のメガロポリス
1990/02/09 荒野のメガロポリス
1990/02/16 荒野のメガリポリス
1990/02/23 荒野のメガロポリス
1990/03/02 荒野のメガロポリス
1990/03/09 荒野のメガロポリス
1990/03/16 荒野のメガロポリス
1990/03/23 荒野のメガロポリス
1990/04/13 荒野のメガロポリス
1990/04/20 荒野のメガロポリス
1990/04/27 君を乗せた海賊船
1990/05/04 60' Pops at ディズニーランド
1990/05/25 Little Birthday
1990/06/01 Little Birthday
1990/06/15 Little Birthday
1990/06/22 Little Birthday
1990/06/29 Little Birthday
1990/07/06 冒険者たち
1990/07/20 Rabbit Train
1990/07/27 風はオレンジ→バラードにリボンをかけて
1990/08/03 CO CO RO
1990/08/10 CO CO RO
1990/08/17 CO CO RO
1990/08/24 CO CO RO
1990/08/31 CO CO RO
1990/09/07 CO CO RO
1990/10/19 Just a moment→夜を盗む→CO CO RO
1990/10/26 嵐を呼ぶ男→サムライ→笑ってよ
1990/11/02(&忍者) お祭り忍者→日本よいとこ摩訶不思議→ヨイショッ!→笑ってよ
1990/11/23 パラダイス銀河→太陽がいっぱい→おどるポンポコリン→パラダイス銀河
1990/11/30 ジャングルJungle →冬のライオン
1990/12/07 笑ってよ
1990/12/14 Mr.PANCAKE→イヴの夜からはじめよう
1990/12/21 サンタクロースがやってくる→ジングルベル→赤鼻のトナカイ→サンタが街にやってくる
1990/12/28 STAR LIGHT→笑ってよ


<関連記事>
ようこそMステへ (1991~1995)
Mステ
30年・・・

八百万の神は何処へ③ [日本]

眞子さまの車が自損事故=走行不能に、けが人なし(時事通信)
 秋篠宮ご夫妻の長女眞子さま(25)を乗せた宮内庁の乗用車が、東京都千代田区の交差点で中央分離帯に接触する自損事故を起こしていたことが27日、同庁への取材で分かった。眞子さまや、運転していた同庁の男性職員(41)にけがはなかった。
 宮内庁によると、眞子さまの乗用車は26日午後6時すぎ、千代田区の東京国際フォーラム西側の交差点を右折しようとした際に、右後輪が中央分離帯に接触。タイヤがパンクしたため車は走行不能に陥り、眞子さまは別の車に乗り換えて宮邸に戻られたという。

5ヶ月前にも
 ↓ ↓ ↓
紀子さま、悠仁さまの車事故=けがなし、中央道で追突(時事通信)
 20日午前7時40分ごろ、相模原市緑区の中央自動車道下り線相模湖インターチェンジ付近で、秋篠宮妃紀子さま(50)と長男悠仁さま(10)らが乗った宮内庁のワゴン車が追突事故を起こした。けが人はいなかった。
 同庁によると、紀子さまらは私的な登山のため山梨方面へ向かわれる途中で、車には悠仁さまの友人も数人乗っていた。一行は事故処理などを終えた後、予定より約2時間遅れで登山に向かったという。  警視庁高速道路交通警察隊などによると、ワゴン車は宮内庁の30代の男性職員が運転しており、計6人が乗っていた。当時、現場は渋滞しており、ワゴン車は渋滞の最後尾で停止していた乗用車に追突。乗用車を運転していた50代の会社員男性にもけがはなかった。
 この事故で、双方の車のバンパーに亀裂が入るなどした。同隊が事故原因を調べている。

なぜ、秋篠宮家には宮内庁職員による注意力散漫な事故が起きるのでしょう。
偶然でしょうか。もちろん、偶然ですよね。
  ↓ ↓ ↓
2016年8月27日未明のテレビ朝日「朝まで生テレビ」における田原総一朗氏による発言(保守速報)

「事故が起きたらどうするの」を連発する田原氏。その3ヵ月後(11月20日)に事故は起きました。
偶然でしょうか。もちろん、偶然ですよね。


<関連記事>
八百万の神は何処へ②
八百万の神は何処へ①
皇室の真実を探せ!②
「いらないもの」⑥ 
小正月の独り言
弱気なつぶやき 
それはだあれ?
お黙り!国連①
魔法をかけられて②
本物を知るということ
歴史を繰り返す~黒幕は誰だ?

真央ちゃん、笑顔で前へ [浅田真央]

【動画あり・浅田真央引退会見詳報】爽やかな表情も最後は涙 「フィギュアは本当に私の人生」 「2月に決断した」 「恩返しできる活動をしたい」 結婚の予定は「ないです」(産経新聞)
【浅田真央引退】新たな道「笑顔で前へ」 輝き続けた21年、涙に別れ(産経新聞)

スケート人生で経験したことを忘れずに、これから新たな目標を見つけて、笑顔で…前に進んでいきたいと思っています。

浅田真央さんの未来に幸多からんことを!

23日に村上佳菜子選手も現役を引退しました。佳菜子ちゃん、お疲れ様でした。プロで頑張れ!
これで、バンクーバー&ソチ五輪を真央ちゃんと共に戦った、大ちゃん、織田くん、崇ちゃん、まっちー、あっこちゃん、美姫ちゃん、そして、佳菜子ちゃも引退しました。寂しいなぁ・・・。
これから氷上の真央ちゃんにはアイスショーでしか会えないのね。TVに期待。いつか生で観たい。
最後に・・・私の中では、バンクーバーもソチのフリーも金メダリストは真央ちゃんです。


mao90.jpg       mao91.jpg
きちんとした綺麗なお辞儀に感動・・・


       mao92.jpg       mao93.jpg
       姿勢よく、清々しく、真のアスリート・・・


mao94.jpg       mao95.jpg              
涙は見せない・・・そして、笑顔でバイバイ・・・


<関連記事>
真央ちゃん・・・
着せ替え人形
真央&リカちゃん夢のコラボ
浅田真央~アスリートの魂
真央ちゃんはファンの誇り
真央ちゃん、笑ってよ 
赤と黒のリチュアルダンス
真央ちゃん、ワクワクさせて(追記あり) 
浅田真央~25歳の美しき戦士
浅田真央~金色の輝き
浅田真央~白い炎
浅田真央が愛される理由
銀盤の女王
ダンス、ダンス、ダンス-2
ダンス、ダンス、ダンス-1
前の10件 | -

日本の伝統破壊中

ただ今、日本の伝統を破壊するマナーが日本列島を席巻中!
神社参拝では正しいお辞儀をするのに、お客様は神様相手のサービス業が何故コンス?
肘張り手重ねポーズの立ち姿、お辞儀に美も誠意も感じません。
伊勢神宮の神職にまで浸食中。
着物姿で肘張りポーズ・・・どこの国の人?
アスリートを巻き込むのもやめてください。

メディアに登場する人々は手を重ねたり組んだりしないと罰を受けるのでしょうか。
手を離せない、腕を下ろせない理由でもあるのでしょうか。
ベテラン女優でも着物姿に肘張り手重ねポーズ。実に気持ち悪い光景です。
まるで所作統制ですね。GHQ→ 赤戦士→ 電通&共同、の流れでしょうか。
日本人なら、お辞儀をする時、手を重ねたり組んだりするのはやめましょう。
相手に失礼です。
所作指導者にも怪しい人はいるようです。テレビや映画、新聞、雑誌で洗脳されないようにしましょう。

メッセージ

非韓三原則(南には助けず教えず関わらず ) スワップ復活お断り!
 ◆従軍慰安婦は朝日新聞の捏造!by 中山成彬元衆議院議員 →日本語 →英語字幕
 ◆日本人なら知っておきたい歴史です。  →1 →2
公共の場は日本語と英語表記で十分です。
韓国語・中国語はお断り!

「外国人労働者・移民大量受け入れ」 断固反対!


洗脳は恐ろしいことです。日本人の矜持を奪い、歪んだ日本人を作り出したのです。
戦後の日本人はエセ日本国で暮らしてきたのです。
いまこそ、目を覚ましましょう。日本人には是非読んでほしい一冊です。
     ⇒ 「日本人を狂わせた洗脳工作 いまなお続く占領軍の心理作戦」